SSブログ
番組感想2006年6月 ブログトップ

オリエンタルラジオ黒い音楽館 [番組感想2006年6月]

あっという間に更新を1週間休んでしまいました。。。
日常生活でトラブル続きであります。
まずか書いたものから吐き出さないとということで
かなり古いTV感想から数回に分けてアップしたいと思います。

そんなこんなで、本日は先々週末~先週頭くらいまでのTV感想です。

【オリエンタルラジオ黒い音楽館】
音楽の黒い部分を切り取って紹介するといった内容の特番音楽番組。
オリエンタルラジオが司会でした。

内容は、似てるいる(パクッタ?)曲の紹介や
歌詞の意味の分からないところを追求したりと
題名にもあるように、かなりブラックな内容。

オリエンタルラジオがこのような黒い要素を持った番組を
回すところを始めて見たのですが
ひたすらに関心してしまいました!!!
毒をはく、あっちゃんと、それに突っ込みを入れる藤森の
バランスが非常に良いんです。
真っ黒にならない程度に笑って楽しめる番組に仕上がっていました。

特に藤森の突っ込みが冴えてましたね。
うまぁ~くフォローしたり、一緒に毒を吐くところでは吐いていたりと
緩急が付けられるようになってました。

この突っ込みの成長がどのようにネタに生かされるのか
次にネタを見るのが楽しみであります!!

【リンカーン】
フレンドリーダウンタウン。
今回はバナナマン!!
好物の芸人、ダウンタウンとバナナマンが絡んでるだけでも嬉しい!!

日村が誕生日ということで、相方の設楽も加わりパティーを開くことに。
その会場は設楽家!!
奥様とお子様が出演されていたのですが、間違いなくトラウマになったはず(笑)

設楽家に入る前に、ため口の権利を日村から設楽へ移しました。
家族の前で松本さんを呼び捨てにして良いところを見せたい!!ということで。
結果は、浜田のピンタの雨あられ!!!
お子様はくすりとも笑ってませんでした(笑)
たまらず、権利を捨てて日村に返してました。

【爆バト】
オンエアで気になったのは、つばさ・きよし。

”つばさ・きよし”は、ぼんちおさむの弟子のきよしと
大木ひびきの弟子のつばさこコンビだそうだ。
この二人の弟子だけあって、かなりしっかりした漫才でした。
ただ注文を付けたいのです。
若いのに熱が足りなさ過ぎる!!
この手のベタな漫才で、一歩引くスタイルをやるには
まだまだ早いような気がします。
熱いネタも見てみたいなぁと感じました。

【やりすぎコージー】
トークスペシャル。
30分のトークがかなり短く感じる。
今田東野パワー全開です!!

今回から新コーナが始まり、レギュラー陣の気になることを
単純に発表するという内容でした。
東野はおもしろ漫画を紹介したりと明るい話で進むのかと思いきや
千原兄が重い口を開くと

”可愛がっていた後輩アップダウンの阿部が”
”ここ1ヶ月以上、誘っても断ってくる”

かならず”ちょっと駄目なんです”などと避けられ
怖くてその理由が聞けないとのこと。
図太く見えて意外と繊細な千原兄(笑)

結局断る理由は明確ではなかったものの
彼女に止められており、行き難いということでしょうかね?
千原兄も子供のビデオを見させ続けるってのも良くないかもしれませんが(笑)


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

ダウンタウン、老いてもなお進化 [番組感想2006年6月]

So-netさん、またしても激重でしたね。。。
なんとか安定したシステムにして頂きたいものです。

そんなこんなで本日はTV感想です。

【爆バト】
気付けば、2週分溜まってしまいました。。。
先週はタイムマシーン3号、エレファントジョン、POISON GIRL BANDがオンエア。
今週は磁石、アレキサンダーオリョウがオンエア。

”タイムマシーン3号”は、ここの所デブネタが縮小中です。
良い!!!
デブネタ使わなくても全然やっていけるじゃないですか!!??
M-1以降、彼らはアドバイスを真摯に受け止め
新しい道へ進んでいますね!!
どのように開花するのか、観察を続けたいです。

”エレファントジョン”は初見。
どこかで見たことのある顔だなぁと考えたら
アメデオの片割れじゃないですか!
いつの間にか解散してたんですね。
漫才はそれなりだったのですが
ちょっと構成がくどいし、面白いところを伝えられていない印象。
内容はそこまで悪くないのに、見せ方で損してます。

”POISON GIRL BAND”は爆バト初オンエアだそうです!!
確かに最近の爆バトの雰囲気からちょっと外れたコンビかもしれないです。。
ネタは運動会のバトンの渡し方。
前半、全く客を乗せられてませんでしたが
後半でジワジワっと客をPOISONワールドへ引き込みましたね!!
本当にするめみたいな芸人です(笑)
もう少し長く見ていたくなるんですよねぇ。。

”磁石”は芸人を辞めたら?という漫才。
かなりこのネタを見て驚きでした!!
以前からこのBlogで磁石は漫才のネタの繋がりが悪く
無理やりショートコントを繋いだ構成なのがもったいないと
評してまいりました。
が、今回の磁石は違いました!!
一見関連なさそうだった前フリを中盤で天丼に使ったり
漫才の流れを大きく1つに絞っており
かなりドップリした印象をうけました!!素晴らしい!!
まだ、発展途上な感じもありますが
このまま成長して欲しいです。

”アレキサンダーオリョウ”は男前ネタでオンエア。
昔の”呪ってやる”ネタから180度違うネタです。
見るのは2度目でしたが、前回の方がインパクト強かったなぁ。。
色々なシチュエーションを男前に乗り切るという一人コントなのですが
もっともっとぶっ飛んだ男前ぶりが沢山あっても良いかなぁ?
前フリだけで終わったように感じました。

【ガキの使い】
先週はトークオンリー。
今週は山崎音楽プロデュース。
かなり楽しめました!!

まずは先週。
以前ここで、ダウンタウンが老いていくのを嘆いたことがあります。
物忘れしてしまってトークがちょっとグダグダになった時です。
しかし、先週のトークを見て、それはそれで良いのかもしれないなぁと
感じてしまいました。

直球の”老い”をテーマにしたトーク。
題名を言われた映画を5秒以内に一言で説明したり
あったこともない人の人名を言い合あったりと
頭の回転を二人で試していました。
やっぱりおっさんになっていまして
なかなか出てこないわけです。
そんな二人の姿が滑稽だったり
いきなり、いつものボケが飛び出したりと
その妙なバランスに若干の感動を覚えてしまいました。

本当に幾つになっても見逃せないダウンタウンであります!!

そして今週。
以前放送した、山崎音楽プロデュース第2弾。
山崎が作曲した歌を今回は個人ではなくユニットで熱唱。

最後のSMAPっぽいガキの使いメンバ応援歌が良かった!!
いつか書き起こしてみたいです。。。

そしてさらにさらに!!
この放送終了後から第2日本TVで松本人志のコントが放送開始!!
そちらの感想はまた別途書きたいと思います。

【リンカーン】
リンカーンラブストーリー第2弾。
今回のカップルはキャイーン天野と
バナナマン日村のお母さん。

バナナマン日村と日村母似過ぎです!!!!!!!!

日村をそのまま女装したら日村母(笑)
そんな日村母とあつ~~~いキスを交わす天野。。。
脳裏に焼きついております(笑)

【銭金】
スペシャルがあったりと久々に連続してみたのですが
ネプチューン原田がすっごい痩せていてびっくりしました。
何かの病気!?!?って思うくらいでしたよ。。。
貧乏生活しているわけでもなし(笑)

さてさて、このところ元Uターン土田から目が離せない。
銭金でもダントツの安定感。
今田、東野のようなオールマイティさを感じていたのですが
先日面白い番組に出会いました。
「快感ここでるTV」というローカルトーク番組にて
土田がお笑い感を話していました。

「いろもんに出演したとき、今田東野に何もさせてもらえなかった」
「何もかもが負けていた」
「どうやったら面白くできるのか、今田東野の出演番組を録画し」
「文字に書き起こして、どんなふうに笑いをとるのか研究した」

マネ出来るというのは、素晴らしい才能だと思います。
そして何より鶴の間に出演した際に感じた挑戦者魂が
花を咲かせ始めているように感じます。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い
番組感想2006年6月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。